どんなときに保険がおりるのか人と犬との違い

現代においてペット達は家族の一員であり、癒しの対象でもあります。可愛いペットと一緒に暮らすことで人間が受けている恩恵はたくさんあるのですが、しかしそんなペット達でも生き物である以上は怪我もしますし、病気にもなります。例えば犬を飼っていれば現代ではとても長生きもしてくれますが、病気になるリスクも同時に増えます。しかし動物は健康保険がありませんので、自由診療でその治療費は数万円にもなってしまいます。大切なペットが苦しんでいる、そんな時にお金がなくて助けられない、ということにならないようにするため、ペット保険という商品があります。では、その商品を契約していれば、どのようなときにお金がおりるのでしょうか。また、商品における人間との内容の違いは何があるでしょうか。

ペットの治療費負担を軽くするための商品

日本には健康保険という制度がありますので、戸籍があってきちんと手続きをしていれば医療費の負担は安くなります。しかし、自宅などで飼われているペット達にはそんな制度はありません。ですからペット達が病気になったり怪我をしたりして動物病院へいくと、自由診療となって大きなお金がかかってきます。相場はあっても各医者の勝手で決まる動物の治療費は、高額になることもあります。そんな時に入院代や治療費の負担を少しでも軽くするためにあるのが、ペット保険です。犬でも猫でも骨折はしますし、熱中症や酷い便秘など、日頃の生活をどれだけ気をつけていても医療の力を借りなくてはならないようになることは多々あります。驚くような莫大な治療費を負担しなくてもよいように、日頃から掛け金を払っておいて、いざという時にそなえるのです。

人間との違いは補償の仕組みから

人間であれば、毎月もしくは毎年契約で決められた掛け金を払い、契約で決められた給付金を貰って治療費負担にあてます。しかしペット達用の商品の場合、最初に免責金額と補償割合のふたつのバランスを考える必要があるのです。免責金額とは1度の診察で自己負担になる金額のことであり、補償割合は医療費の何パーセントを給付金で貰うかという割合設定のことをいいます。人間と違って犬の商品では掛け金が高めですので、免責部分や補償割合を上手に設定することで自己負担部分を作り出し、毎月の掛け金を安くする工夫をしなければなりません。でないとすぐに家計に響き、加入が続けられなくなってしまう、という事態になるのです。怪我や病気の入院や治療をカバーするというのは人間も犬も同じですが、商品の仕組みは全然違っています。